So-net無料ブログ作成

動物の睡眠時間と眠り方 レム睡眠?イルカは寝ない? [動物]


 
犬と1日過ごしていると
 
トータルでどれくらい眠っているのかなあ
 
なんて思ったりして
 
 
 
散歩とごはんは必須として
 
あとはどれくらい遊べばいいものか
 
 
 
眠くなったら寝ている気がする動物たち
 
 
 
睡眠時間や眠り方を書いてみたので
 
見ていこう 
 

 
一般的に 同じ動物でも野生のものは
 
睡眠時間は短いようである
 
危険が多いですから
 
 

 
20時間
 
フタツユビナマケモノ(オオナマケモノ) 
 
anispnamake.png 
 
 
18時間
 
ジュウニオビアルマジロ(オオアルマジロ) 


anispamg.png
 
 
 
15時間
 
ツバイ 
 
anisptb.png
 
貝 ですね
 
非常に美味だとか 
 
 
 
 
14時間
 
ハムスター
 

 
13時間
 
ネコ
 
 
 
anispcat.png
 

ハツカネズミ(マウス) 
 
 
 
 
 
 
12時間
 
ゴリラ、アライグマ

anispgori.png
 
ケツを出して寝ているらしい
 
 
 
10時間 
 
 
 
 
8時間
 
ヒト ウサギ ブタ 
 
anispbunny.png 
 
おまえ…生きてるか?
 
 
 
3時間
 
ウシ、ヤギ、ゾウ ロバ、ヒツジ
 
 
anispzoz.png 
 
ゾウさん 
 
 
睡眠ではないけど 象使いすごい 
 
 
 
 
2時間
 
ウマ
 
 
日中に立ったまま仮眠をとったり
 
夜に横になって寝たりもするらしい
 
 
 
30分
 
キリン  
 
anispzrk.png 
 
 
 
 
 
イルカは寝ない?
 
 
イルカは脳を片方ずつ休ませることが出来る
 
右目を閉じているときは 左脳
 
左目を閉じているときは 右脳を休ませているそうだ
 
 
 
これを「半球睡眠」といって
 
ゼロ睡眠の活動を可能にしているんだって
 
 
 
 
 
 
・レム睡眠とノンレム睡眠
 
 
レム睡眠は浅い眠り ノンレム睡眠は深い眠り
 
という話なのかと思ったんだけど
 
 
詳しく見ると
 
 
レム睡眠は
 
眠りは浅くて脳が活発に動いているのだけど
 
体は深く眠っているようだ
 
 
トイレに行きたくなる時や夢を見ている時がこれらしい
 
脳が動いているため レム睡眠の時に起きると目覚めが良い
 
ということになる
 
 
 
 
ノンレム睡眠は
 
深い眠りで脳も体も休んでいるのだけど
 
体を支える筋肉は 動いている そうなのだ

居眠りの時はこれらしい
 
 
 
 
この説明で考えられることは
 
先ほどのイルカの睡眠についてだ
 
 
 
脳を片方ずつ休ませて
 
24時間活動できる
 
ということは 体は動くということだ
 
 
 
つまり眠らない動物は
 
レム睡眠が 無いみたいなんだ
 
 
 
レム睡眠は筋肉が弛緩しているから
 
それだと イルカは泳ぐことができない
 
ということになる
 
 
 
泳ぎ続けられるということは
 
筋肉に力が入っているノンレム睡眠しか していない
 
という話なんです
 
 
 
 
カモメも半球睡眠によって長時間の飛行を可能にしている
 
そうなのだけど
 
 
安全な地上では人間と同じように 左右の脳を休ませる
 
レム睡眠をしているそうで
 
両方使える 動物もいるということらしい
 
 
 
 
野生のシマウマやキリンたちは
 
レム睡眠でガッツリと体を休ませるわけにもいかないので大変です
 
ノンレム睡眠時も立ったまま寝て すぐに逃げられるようにするなど
 
人間にはない苦労が動物にはあるのですね
 
 

 
ちなみにライオンは強い天敵がいないので
 
狩りの時以外は のんびり寝ているそうですよ
 


タグ:動物 生態 睡眠

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。